頭痛改善のために

頭痛薬は頭痛の根本を治すものじゃない

頭痛.頭痛薬.副作用.胃腸.成分.効果

目次

  • 頭痛薬の成分
  • 胃腸への影響
  • 頭痛薬が原因で頭痛
  • 説明書きをみよう

 

頭痛薬を飲むとどういうことが起こっているのかな?

 

頭痛ってどういうことが起こっているのかを知るといいよ
頭痛が起こる仕組みは脳の血管が膨張したり収縮したりすると三叉神経っていうものを刺激するよ。

 

そうすることで頭が痛い、重いという症状がでるといわれているんだ。

 

頭痛薬はその痛みの情報をブロックして痛みを感じなくするんだね。

 


頭痛薬の成分の種類

鎮痛成分はいろいろ種類があって効果も違うよ。

イブプロフェン

強い抗炎症作用
胃腸などへの副作用は少ない

 

エテンザミド

炎症物質が出るのを抑えて炎症の痛みを緩和する。
子供への使用は避ける
副作用で胃腸障害を起こしやすい
アスピリンよりは副作用が少ない

 

アセトアミノフェン

脳の中枢の痛みを感じているものを抑える
効き目は穏やか
子供の解熱鎮痛剤に使われている

 

アスピリン

非ステロイド系消炎鎮痛成分
炎症物質が作られるのを抑えて炎症の痛みを緩和する
副作用で胃を荒らす

 

イソプロピルアンチピリン

副作用で発疹がでる可能性

 

など
いろんな種類の鎮痛成分があるよ。

 

でも痛みは起こるべくして起こっているのに原因を無視して痛みを抑えてしまってもいいのかな?
痛くなりやすい状態が続いているのに痛みを感じないとどんどん無理をしてしまうと考えられるよ。

 

頭痛.頭痛薬.副作用.胃腸.成分.効果

胃腸への影響もある

だからどうしようもないときや、どうしてもってときは必要なものだけど、常用するようなものではないよ。
胃腸への影響も大きいみたいだから常用すると胃も荒れやすいよね。

 

胃があれると食欲も低下してしまうから、栄養が偏りやすいよ。
栄養が偏るとそれこそ頭痛の原因になるから注意が必要だよ。

 

その場しのぎはその場しのぎで押さえておかないと、取り戻せなくなるかもしれないね。

 

薬に頼りすぎると悪循環が続いてしまうかもしれないよ。
頭痛.頭痛薬.副作用.胃腸.成分.効果

頭痛薬を常用することが原因で頭痛になる可能性もある

頭痛薬を飲んでるのにそれが原因で頭痛薬が欲しくなる。
なんだかよくわからなくなりそうだね。

 

なんのために頭痛薬を飲んでいるのかわからない状態だよね。
薬物依存の頭痛は早い段階でやめないと取り返しがつかなくなるよ。

 

やめると一か月くらいで元の頭痛にもどるようだよ。
だからってまた頭痛薬に頼りすぎないようにね。

 

市販薬の後ろにも注意書きがある

頭痛.頭痛薬.副作用.胃腸.成分.効果

説明をよく見ると服用しても改善しない、症状が繰り返される場合は服用を中止して受診するようにかいてあるよ。
飲んでも改善しない場合は市販薬では対処できないよ。

 

効き目が薄いから量を増やすなんて論外だよ。
痛い、苦しいのはわかるんだけど身体が壊れてしまうよ。

 

 

頭痛持ちの人は原因は何か考えていく必要があるよ。

 

生活環境を考え直してみたらどうかな。
あまりに強いストレスや不規則な生活が積み重なっていないかな?

 

慢性的になる前にどんなことをしていたかな?
何か環境の変化はなかったかな?

 

原因は些細なことかもしれないけど、症状が出てるのなら改善する必要があるよ。
薬を常用している人は気をつけようね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサーリンク

スポンサーリンク



 
HOME 頭痛対策 体質改善 生活改善 厳選ツール